About us | アートフラワー(造花・シルクフラワー・アーティフィシャルフラワー),インテリアフラワー,ウェディングブーケの通販 Fleuriste VIOLET

Fleuriste VIOLETのお花について

Fleuriste VIOLETのお花はデコラトリスフローラルとカラリストの姉妹が研ぎ澄まされた感性で作るアートフラワーの専門ブティックです。
全ての作品は、2人で納得行くまで花材をセレクトし、デザインを考え、デコラトリスフローラルが2人の感性を芸術性の高い一つの作品へと完成させます。
手間を惜しまず、十分時間をかけることで作り物のアーティフィシャルフラワーを生花の様に生き生きとそしてしっとりと上質なお花へと変化させていきます。
常に最高のお花を!という思いから、新しいデザインは、クオリティ、質感、色など全ての条件で納得いく花材が揃った時にしています。 又お花には作り手の精神や心・体調までもが映し出されるので、制作にはとても集中力が必要で、日に数個、大きいオブジェ等は1ヶ月〜数ヶ月の時間を掛けて制作しています。

デコラトリスフローラルの思い

フランスの花に魅了されて約15年。

生花から始まり、お花を始めた頃は考えもしなかったアーティフィシャルフラワーの世界に。
アーティフィシャルフラワーの世界に入ったのも、フランスのアーティフィシャルフラワー(アートフラワー/造花)の
オブジェがきっかけでした。

それまでの「古臭くいかにも造りもの!」というイメージを一掃してくれたフランスのアートフラワーのオブジェ。
「お花は絶対生花じゃないとダメ!」だと思っていたアンチアートフラワーの私に強い衝撃を与えました。

生花が美しいのは当たり前。

造りもののお花に息吹を吹き込んで生花以上に生き生きと美しく。。。。

同じ形同じ色をしたアーティフィシャルフラワー(アートフラワー/造花)に命を吹き込む!

アーティフィシャルフラワー(アートフラワー/造花)の中には、現実にはない色の花も多い。

現実にはない色や形の花材を使用せずに、色・素材に徹底的に拘ってコーディネートすることで、
初めて造花からリアルなお花へと変化する。
アートフラワーでは、色・素材選び、そして造り出すアレンジのスタイルにも一切の妥協は許されない。
妥協してしまうと、それはただの造りもののお花・・これまでの造花のアレンジにしかならないからだ。
選び抜いたその花材で、贅沢にフランスのお花を創造する。
「静」から「動・命」を生み出し、お花を芸術の域に!
フランス人が、生活の中の全ての物を「芸術」としてとらえ、洗練していくように。
(フランス人の生活信条L'ART DE VIVRE(生活の中のアート))

モダンで大胆、なおかつ繊細で豊かなブーケやオブジェ、人の心を強く動かす生きたお花たちを創造しています。

フランスはパリで花装飾を学び、ローマコレクションで花スタッフとして活躍したデコラトリスフローラル(花装飾家)
が一切の妥協を許さず贅沢に創り上げた極上のアートフラワー/アーティフィシャルフラワーのブーケを始め、
ウェディングブーケやオブジェを皆さまにご紹介しています。

アンチアーティフィシャルフラワー(アートフラワー/造花)のデコラトリスフローラル(花装飾家)が創るフラワーブーケ、
オブジェは、アートフラワーに抵抗のある方でも必ずご満足頂けるはずです!
一人でも多くの皆さまに、アーティフィシャルフラワーの魅力を知って頂き、お花のある暮らしを願っています!

*新作の発表は、納得のいく花材が揃った場合のみとさせて頂いてます。

*デコラトリスフローラル(花装飾家)がフランス在住の為、再製作までにお時間を頂戴いたします。(帰国時に製作)


カラリストの思い

カラーコーディネーター、カーラースタイリスト、又メイクアップアーティストとして、長い間、色を通して人、物、花と関わって参りました。

いつも思う事は、その空間、その人が持っている美しさや個性をどのように引き出せば最高に美しく表現出来るかという事。

VIOLET France Japonでも、FRANCEの現地の色や空気をそのままお伝えするにはどんな物をどんな風にご紹介出来れば 良いのかを日々思い、買い付けやWEBshopデザインを考えています。

ブライダルのお仕事を姉妹で初めて以来、デコラトリスフローラル(花装飾家)のヨシコの作る花に感動し、その作品をよりすばらしい物にする為に、そしてより沢山の方に見て頂く為に、共にお花に携わって来ました。

お花はデコラトリスフローラル(花装飾家)のヨシコが制作をしていますが、Fleuriste VIOLETでご紹介しているお花はデコラトリスフローラル(花装飾家)・カラリストが2人の目で全てのデザイン 花材を吟味し、商品のクオリティ、Fleuriste VIOLETらしさを追求して生まれた究極のお花です。

洋服をコーディネートするように、又メイクカラーを合わせる様に、デザインも、質感も一つ一つ丁寧コーディネートしています。

作り物のお花を、生花よりも美しく、そして生命力溢れた芸術性の高いお花にするために、沢山の難しい思いをデコラトリスフローラル(花装飾家)が1つにまとめ 融合させて、想像したお花のイメージを遙かに超える美しい作品を作り上げています。
本当にすばらしい作り手だと思います!

Fleuriste VIOLETのお花は造花嫌いの方にこそ是非お手にとって頂きたいお花です。

きっとそんな方にも満足頂ける物だと確信しています。


デコラトリスの経歴

ホテルを退職後フラワー業界へ入りレストラン等で活け込みなどのディスプレイ等の装飾を担当した後、
フランスの花に魅了され単独でパリへ。

花の室内装飾 及びテーブルコーディネート を学び帰国後は姉妹でブライダルプロデュースの事務所を
大阪市阿倍野区に立ち上げる 。
*現在ブライダル業務はしてません

 
  • ローマオートクチュールコレクション花スタッフ
  •  
  • 神戸市 職業安定所の職業訓練 講師
    「ファッション・ブライダル科」フラワーアレンジメント担当
  •  
  • 兵庫県第23回丹波立杭焼陶器祭り プレイベント「陶酔華」
     空間スタイリストとして演出・参加
  •  
  • 大阪府豊中市・公民館で テーブルコーディネート講座を担当
  •  
  • 大阪 ブライダル専門学校にて テーブルコーディネート 講師担当
  •  
  • 世界お茶祭りO-CHAスタイルコンテスト 空間部門 佳作受賞
  •  
  • 長崎県・三井楽万葉祭り能音楽祭
     観世流能楽師山中が晶 氏)において舞台花装飾担当
  • 2004年10月 Paris スタイルのお花とMaison VIOLET France Japonサイトオープン
  • 2010年4月 アートフラワー、アーティフィシャルフラワーブティック Fleuriste VIOLETサイトオープン

  • カラリストの経歴

    カラーリスト・ブライダルコンサルタント(全日本ブライダル協会公認1級コンサルタント)

    アパレルメーカーを退職後、カラースタイリストとして、企業、学校、などのセミナー講師及びブライダルスタイリストとして活動。
    その後、姉妹でブライダルプロデュースの事務所を立ち上げ、ブライダルコンサルタント、スタイリスト、メイクアップアーティストとして活動し、 大手ブライダル情報誌のスタイリストとしてホテルのブライダルスタイリストとしてブライダル空間のコーディネートを担当。
    VIOLET France Japon・Fleuriste VIOLETのHPを制作しています。

  • リーガロイヤルホテルブライダルフェアーにおいてカラーセミナー担当
  • 神戸市 職業安定所職業訓練講師 ブライダルコーディネーター養成講座
       パーソナルカラー/メイクアップ 担当
  • 派遣会社にてカラーアドバイス・メイクアップアドバイス・イメージアドバイスセミナー開講
  • 各種専門学校・短大・大学においてリクルートセンスアップセミナー
          甲南大学・平安女学院大学、短期大学・樟蔭東女子短期大学
          日経フォーラムリクルートメイクアップセミナー 甲南病院 他
  • 樟蔭東女子短期大学  メイク&ネイル演習講座
  • 製造工程 1つの作品が出来上がる迄

    1. デザインを考える

     

    2. 花材の選定

     

    日本国内はもとより、海外の数あるメーカーの花材から、デザインのイメージにあうと思われる花材を実際に見て、触わり検討し
    決定します。
    実際に見れない物に関しては全て取り寄せ、必ず自分の目で品質・色を見極めます。
    現在販売されているアーティフィシャルフラワーの殆どがオブジェを制作するには適しておらず、質感や色がすばらしい物、
    イメージに合う物であっても素材等不向きな物は花材として適当でありません。
    1種の花材を決定するのに約10〜15種類の中から、デザインに適し他との花材と組み合わせた際に生花のようにフレッシュに見える
    唯一の花材を決定します。

    3. サンプルの作成

    花材が決定したらデザインを実際に製作します。
    デザインと花材のバランスや、デザイン自体の見直し・手直しをします。
    優れたデザインでも実際にオブジェを製作した際に物理的に不可能な物も多々あり、最終的に作品、商品となる物はごく僅かです。
    又この段階でデザインが変更になった場合は、花材の選定とサンプルの制作を納得いくまで何度も繰り返します。
    (1つの作品が出来上がるのに2〜3個のサンプルを制作します。)

    4. 作品、商品の製作

    全ての条件をクリアしたデザインを作品、商品として制作します。

    5. 作品、商品としてのクオリティ

    作品、商品として完成した後で、Fleuriste VIOLETのお花としてクオリティに問題がないか最終の確認をします。
    クオリティに達しない物に関しては作品、商品として販売も、発表もしていません。

    *アーティフィシャルフラワーでお作りしているFleuriste VIOLETのオブジェフラワー・ブーケは、生花やプリザーブドフラワー
    と同様に大変デリケートですのでお取り扱いの際には十分ご注意くださいます様お願い申し上げます。